スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お帰りなさい 朝青龍


出版社: 朝日新聞社
発売日: 2008/1/11
著者:内館牧子

「ようこそ角界へお帰りなさい」「もうモンゴルへお帰りなさい」 それは横綱しだい…。
相撲を人一倍愛する横綱審議委員の著者が、朝青龍事件や時津風部屋事件などに対して直言!
『週刊朝日』連載を抜粋し単行本化。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://susan666.blog10.fc2.com/tb.php/1912-19a00f7f

内舘牧子著『お帰りなさい朝青龍』
本日は初場所の千秋楽です。 結びの一番では一敗で並ぶ白鵬、朝青龍の 対戦が組まれており、大いに盛り上がることでしょう。 ところで、先...
謹啓 内館牧子殿~「お帰りなさい 朝青龍」
謹啓 厳寒の折 いかがお過ごしでしょうか。 横審委員、お勤めご苦労様です。横綱のみならず相撲界全体を見渡しての、愛情に溢れ示唆に富...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。